フードはまおか

日本海、北陸、石川、能登産の鮮魚や干物、加工食品等販売

 

フードはまおか»  はまおか 冬の味覚

香箱カニ

コウバコガニ

 

香箱(コウバコ)ガニとはズワイガニの雌で、
雄のズワイガニに比べ小さく身は少ないですが、
お腹の中にあるプチプチ食感の外子(卵)、
甲羅の中にあるコクと旨味たっぷりの
内子(未成熟卵)と、
カニみそが絶品です。

 ※香箱ガニの漁期は11月はじめから12月終わりまでの約2ヵ月間です。
 (それ以外は禁漁期間)


 

コウバコガニ
コウバコガニ


ズワイガニ

能登で水揚げされたズワイガニも、加能ガニと呼ばれて親しまれています♪
青いタグが目印です。


 

海藻

  ぼたのり  乾燥ぼたのり

▲ ぼたのり

「ぼたのり」は厳冬期の日本海の荒波が打ち付ける岩礁に自生する天然「岩のり」のことです。
収穫したばかりの、海水を含み湿った塊が「ぼたぼた」した状態なので「ぼたのり」と呼ばれています。

ぼたのりの収穫期間は12月中旬から1月初旬にかけてと短く、作業は波にさらわれぬよう命懸け、凍えるような波飛沫の当たる岩場で、波が引いた瞬間を見計らい一つ一つ手摘みで収穫されています。

収穫量は天候・気候に大きく左右されるため、とても貴重で高価なものですが、
正月のお雑煮には欠かせない、と言う方も多い逸品です。

右は、保存用に板状にのばして乾燥させたものです。
軽く炙って醤油をひとたらし、おにぎりはもちろん、お吸い物、麺類のおともに♪



  ギバサ  アオサ

 ▲ ギバサ(左) と アオサ(右)



 かじめ かじめ

▲ カジメ
 

「ヨード・ポリフェノール・フコイダン・アルギン酸、その他ビタミン類」がたっぷり含まれており、ぬるぬる・シャキシャキした口当たりが人気の海藻です。

乾燥させると食感が変わるので、冬にだけ出回る生のものが旬の味覚としておすすめ。
刻んだタイプもあります。

こちらの地方では、体が温まる酒粕入りのお味噌汁の具として食卓によく登場します。
他にも煮物、天ぷら、酢の物などに!



 ダイズル ダイズル

▲ ダイズル

日本海の荒波にもまれた能登の「ダイズル」は冬が旬の海藻です。
この時期にしか楽しめない、磯の香りとシャキシャキとろりの食感が人気。

湯通しすると色が茶から緑に変わり、目にも鮮やか。
刻むと粘りととろみが出てきて和え物にすると美味しいです。
こちらの地方では体が温まる酒粕入りのお味噌汁の具として食卓によく登場します。
他にも天ぷら、酢の物、しゃぶしゃぶ、海藻サラダなどに!


 

ブリ

 天然ブリ
 
「鰤起こし」といわれる雷とともに、11月下旬から2月に能登沖に回遊してくるブリは
春の産卵時期に備え栄養を蓄えるため、美味しいエサをたっぷりと食べ脂が乗ります。

そして、冬の雪舞う日本海の荒波に揉まれ、身が引き締まった最高の状態で漁獲されます。

11月から2月にかけて、石川県能登半島沿岸の定置網(もしくは1本釣り)で獲れた
7㎏以上のサイズのものが能登天然寒ブリと呼ばれ、ブランド化されています。

年の暮れの御馳走に、贈答にと人気です。

 

ころ柿

 ころ柿 ころ柿
 
能登で栽培されている最勝柿を使用した、手づくりの冬の味覚です。
ころ柿は「枯露柿」と書き、柿の皮をむいて紐でくくり、冬の寒風の中を天日乾燥させたもの。
ぎゅっと濃縮された自然な柿の甘さをお楽しみいただけます。
お正月用、高級贈答品として人気です!